大塚英志『ストーリーメーカー』

大塚英志『ストーリーメーカー』を読みました。

『君の名は。』のコレクターズ・エディションについていた新海誠監督の講演の参考図書だったので、読んでみた次第。物語の構造がわかります。私はやってみませんでしたが、実際にストーリーを作っていくこともできます。物語に興味がある人は一読を。

今年48冊目。
※図書館で借りた本。

橘玲『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』

橘玲『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』を読みました。

“マニュアル”という名前に本書のスタンスが明らかですが、実用書に徹している感があります。国家破産するかどうかはおいておいて、破産するとなるとどういう状況になるのか。それに備えるにはどうしたらいいのか、を説明しています。

物事は段階的に起きる。ある日突然円の価値が無くなるわけではない。ということで、いまいま何か急遽対策が必要、というわけではなく、普通預金でいくらか持っていれば良し、ということがわかりました。まあ下手に金融商品に手を出しても損するだけですからねえ。変動金利で借金するのもやめておこう。

今年47冊目。
※図書館で借りた本。

DENON サウンドバー DHT-S216を購入!

DENON サウンドバー DHT-S216を購入しました。

LGの65インチ液晶テレビの音は非常にいいのですが、いかんせん20Wなのでちょっと迫力不足。思い切ってサウンドバーに手を出しました。

ビック買取マネーを使いたかったので、秋葉原のビックに出かけます。随分と寝ていたので、15時過ぎに出発。図書館に寄ったりして。有楽町ビックは店員があまりやる気が無い(ように見える)ので、あえての秋葉原店へ。

もともとはSonyのHT-X8500を買う予定でした。ネットで調べたところ結構評判がよかったからです。5階に色々サウンドバーがあって、少し見たあとで、3階にもあるとのことで3階へ。一番の推しとしてDENONのDHT-S216があったのです。音を聴いてみるに悪くない。Amazonの評価もなかなか。店員さんを呼んで聞くと特別値引きが効いて2,000円安くなるとのこと。予定の半額、2万円以下で購入できたので、この機種で決定しました。

ちょっとかさばったけど、家まで無事に持ち運んで、セッティング。うーんと、HDMIでブルーレイプレーヤーをつなぐとうまく行かない。認識がイマイチな感じで切れてしまう。ブルーレイプレーヤーはテレビ直結にし、テレビと本機とはHDMI ARCで接続。低音が響いていい感じです。でも、LGのテレビのスピーカーもそこそこ良かったので、あえて買わなくても良かったかもと思いました。が、映画とかを観たときの低音の響きがやっぱり違いますねえ。買ってよかったです。