森絵都『いつかパラソルの下で』

 森絵都『いつかパラソルの下で』を読みました。
 
 
 
 さすが森絵都である・・・。なんていい小説なのでしょうか。
 父親の過去探しが肩透かしになる。いわゆる小説的展開を望んでいるとズルっとなるんだけど、そこでの出会いが非常によい。
 
 今年88冊目。

Continue reading “森絵都『いつかパラソルの下で』”

森絵都『カラフル』

 森絵都『カラフル』を読みました。
 
 
 
 児童文学の扱いのようですが、大人も十分に読めます。
 魂の仮住まいの場所、として自分を見れると、自分とその周りの見え方が違ってくる。生きていると一つの方向に向かっちゃったり、かたくなになったりしてなかなかそうはできないけど。本書を読んで、仮住まいする魂を仮想経験することで、自分を見つめなおすことができればと思うのです。
 
 今年87冊目。

Continue reading “森絵都『カラフル』”

宮部みゆき『長い長い殺人』

 宮部みゆき『長い長い殺人』を読みました。
 
 
 
 登場人物のサイフに語らせるというかなりトリッキーな小説。各編が繋がらないようでしっかりと繋がって結末まで導かれます。さすがは宮部みゆきである。
 
 今年85冊目。

Continue reading “宮部みゆき『長い長い殺人』”

森絵都『風に舞いあがるビニールシート』

 森絵都『風に舞いあがるビニールシート』を読みました。
 
 
 
 短篇集。良かったです。
 表題作など、現代に問いを投げかけるような中身も多く、読後感もよい。
 森絵都はしばらく追っかけよう。
 オススメ。
 
 今年82冊目。

Continue reading “森絵都『風に舞いあがるビニールシート』”