ダン・アニエリー『予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」』

ダン・アニエリー『予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」』を読みました。

我々の行動が以下に不合理であるか、実験例とともに解き明かします。
どの章も非常に興味深い。
特に印象に残ったキーワードは「相対性」です。相対的に評価しちゃうんですよね。いわゆる人事評価とか振り返ってみても本当にそうだなあと思いました。
予想外だったのは予測の効果というところ。今まで、なるべく事前に期待値を下げておくのを心がけて仕事したりしてきましたが、予測に引っ張られるとのこと。良い予測を持ってもらうことで評価も上がるようなので、ちと今まで期待値下げを考えすぎてしまっていたなあと振り返りました。いい予測を立ててもらえるように振る舞うというのもかんがえることにしよう。

今年31冊目。

富井真紀『その子の「普通」は普通じゃない: 貧困の連鎖を断ち切るために』

富井真紀『その子の「普通」は普通じゃない: 貧困の連鎖を断ち切るために』を読みました。

貧困、児童虐待・・・著者の経験が語られます。今は貧困の連鎖を断ち切る活動をされていて、それらの紹介もあります。貧困の問題を考える糸口にオススメ。

今年30冊目。
※図書館で借りた本。

ミニマリストしぶ『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』

ミニマリストしぶ『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』を読みました。

ブログをちょくちょく拝見しております。
シンプルとミニマムの違いの説明が興味深かった。ミニマリズムの本質は強調だとのこと。自分の強調するポイントはなにかを探し、それを強調するためのに他のものを削ぎ落とす、それがミニマリズムなのでしょう。

なりきれていないけど、目指すべきはそこだなー。何にフォーカスするか、考えていこう。

今年29冊目。
※図書館で借りた本。

エドガー フォイヒトヴァンガー『隣人ヒトラー: あるユダヤ人少年の回想』

エドガー フォイヒトヴァンガー『隣人ヒトラー: あるユダヤ人少年の回想』を読みました。

後に歴史家となる、ヒトラーの家の前に住んでいた少年の回想録です。
無茶苦茶に面白い!ヒトラーとナチスがどのように支持を広げ政権を取っていったか、人々はそれをどのように受け止めたのか、というのが両親や親戚、友人たちとのやり取りから浮かび上がってきます。

最後のシーンは鳥肌が立ってしまいました。
歴史好きには強くおすすめしますし、こういうのはいつ何時も起こりうるので、今も今後も読みつがれていくべき本でしょう。

今年28冊目。
※図書館で借りた本。

山崎圭一『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』

山崎圭一『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』を読みました。

キャッチーなタイトルですが、確かにわかりやすいです。
これはオススメ。
とはいえ、世界史は範囲が広いので、一回読んだだけでは覚えきれません。何度も読むことにしよう。Kindle版を買ったので、いつでも読み返せるのがいいところ。

今年26冊目。

史跡足利学校『論語抄』

史跡足利学校『論語抄』を読みました。
史跡足利学校で100円!で販売されている論語の抄録本です。

須永美知夫編で、松本純美代揮毫です。須永さんの通釈がわかりやすく、理解が進みました。今まで論語は積極的には学んできませんでしたが、名言集として自身を振り返るに結構良かったです。

一言で、生涯を通じて行動する際に心がけるべきことは「恕(思いやり)」であり、「己の欲せざる所、人に施すこと勿れ」とのことでした。覚えておくべし。

今年25冊目。

菅野昭正(編)『九鬼周造随筆集』

菅野昭正(編)『九鬼周造随筆集』を読みました。

前に鷲田清一さんの九鬼周造講義を受けたことがあって、それ以来興味を持っているのです。久々の再読。一部にナショナリスティックなのがありますが、「祇園の枝垂桜」はやっぱりいい文章ですねえ。ベルグソンらとの交流についても興味深い。「偶然と運命」は九鬼哲学への入門になりましょうか。

いまは岩波文庫でだいぶ出版されているんですね。『人間と実存』から読んでみるか。

今年24冊目。
※図書館で借りた本。