中尾隆一郎『リクルート流仕事ができる人の原理原則』

中尾隆一郎『リクルート流仕事ができる人の原理原則』を読みました。
 
(Amazonリンクが壊れている・・・)
 
お世話になった/なっている方の本だからよく言うというわけではないのですが、
著者のノウハウが詰まっている名著だと思います。
「体力・健康の維持」は基本として、「人の発言・行動には理由がある」というのを意識しています。
 
今年71冊目。

Continue reading “中尾隆一郎『リクルート流仕事ができる人の原理原則』”

お引越し

引越しました!
 
市川を愛する私が他に移るわけはありません。
近所に引っ越しました。会社の方が言っていましたが、「住み替え」が適した表現ですね。
 
今までワンルームでして、手狭さを感じていました。
10年住んだ、という節目だったのと、更新がきたので、いいタイミングかなあと思って、1LDKに移ることにしました。
 
地元の不動産屋さんに行って、何件か紹介してもらいました。
選んだ物件は、かなり古いのですが、建物が洒落ておりまして、いい感じ。部屋の中も古い感じはしませんでしたし、家賃もお安めでした。
 
もともと手狭でして、倉庫としてキュラーズを借りていたんです。それを考えると、それほど家賃はアップしていない。選んだ物件がマンション一棟でフレッツ光に加入していまして、安くインターネットサービスを利用することもできました(なんと1G!)。それを考えると、むしろ家賃はお安くなったのではないかと思っています。
 
昨日無事に引越し作業を行いました。
アート引越センターにお世話になりました。いい感じのおにーさんたちでしたね。新居が3階建の3階で、エレベータもないので、本ばっかの引越はさぞ大変だったでしょう。お疲れ様でございます。私も疲れました。
 
今日は会社をお休みいただいて、いろいろと手続きをしてきました。
 
住み始めて2日目なのですが、部屋が広いことに戸惑いを感じています・・・。部屋を歩き回らないといけないので、そこそこ体力を使いますね。住まいは広々としていい感じですが。お風呂が追焚きできるのも素晴らしい。自動ボタンひとつでお湯張りまで自動でやってくれるんだー(今までワンルームでしたので、湯温・湯量は自分でコントロールしなければなりませんでした)。
 
家財道具も徐々に導入していこう。ソファはすでに導入済みです。その話はいずれ。

Continue reading “お引越し”

2016年のお正月

IMG_0078
 
2016/1/2。久々に城ヶ島に行きました〜。
お目当は港屋さんです。
 
IMG_0060
 
マグロのカマ焼きがたまりません・・・。これだけでお腹いっぱいになります。
マグロのカマをお腹いっぱい食べれるなんて、なんて幸せなんでしょうか・・・。
 
IMG_0051
 
漬け丼も美味しゅうございました。
 
IMG_0054
 
2016/1/3。実家を後にして市川に帰宅。バイクで帰宅の途中で、神田明神に寄りました。交通安全お守りを返さなければならなかったし。
 
IMG_0093
 
空いていました。1/4からはビジネスパーソンが大量に押しかけるから混むんでしょうねえ。去年は1/4に訪れて、大変な混雑に巻き込まれた記憶があります。
 
IMG_0097
 
うぬぬ。
 
IMG_0102
 
新たに頂いたお守りはCBR250Rにセット完了。
 
IMG_0106
 
あー、明日から仕事だなあ。

Continue reading “2016年のお正月”

清田明宏『ガザ: 戦争しか知らないこどもたち』

清田明宏『ガザ: 戦争しか知らないこどもたち』を読みました。
 

 
ガザで生活する子供と大人たちの写真集です。
ガザの再建を私も強く望みます。寄付とか、私にもできることをしよう。
 
今年49冊目。

Continue reading “清田明宏『ガザ: 戦争しか知らないこどもたち』”

「ちよくる」使った(東京・千代田区コミュニティサイクル(レンタサイクル))

東京・千代田区コミュニティサイクル(レンタサイクル)である「ちよくる」を使いました。
 

 
麹町で勉強会の会合がありました。
途中にお昼休みがあって、散歩していたら、「ちよくる」のステーションを発見。そうだ!前から使いたいなあと思っていたんだった!と思い出し、勉強会後に会員登録して、早速乗ってみました。
 
自転車はブリヂストン社製のBIKKEで、電動アシスト機能が付いています。
なので、発進や坂道が楽!猿楽町の厳しい坂道も簡単に登ることができました。
麹町〜秋葉原まで30分以内ギリギリで到着。100円。安い。2015/4からは150円みたいですが、それでも安い!
都会を自転車で走り抜けるのはかなり爽快でした。何より運動になっていいです。
 
千代田区以外にも、今のところ、
 
江東区
港区
仙台DATE BIKE
横浜baybike
広島ぴーすくる
 
とあります。いろんな地域に増えるといいなあ。
 
オススメでーす。
ちょいちょい使うことにしよう。

Continue reading “「ちよくる」使った(東京・千代田区コミュニティサイクル(レンタサイクル))”

転職しました〜IT業界30代後半の転職活動〜

転職しました。
 
今まで、SIerと通信会社に勤めてきたのですが、実ビジネスに近いところで、責任もってITを推進していきたいと思って、会社を変えるに至りました。出向を含めると、かれこれ4社目です。前の3社は同一のグループ会社だったので、完全なる転職という意味では初めてになります。
 
ということで、転職活動のメモです。
当方、IT業界30代後半なので、参考になる人は限られるかもしれません。
でも、30代後半で転職する人って結構多いですよね。交友範囲の狭い私の周りでも数人出ましたから。
 
<転職エージェント>
新卒とは違って、転職は仕事しながら活動しなければなりません。
なかなか時間が取れないので、苦労します。
 
そんな時に助けてくれるのが、「転職エージェント」なる存在です。
「転職エージェント」は、本当にたくさんの会社があります。有名どころだと、「リクルートエージェント」ですかね。登録すると、エージェントの方との面談があって、自分の経歴や志望を伝えます。すると、色々と求人情報を送ってくれます。
また、「エン転職コンサルタント」に登録すると、いろいろなエージェントさんからスカウトが来ます。
 
まずは「リクルートエージェント」への登録をオススメします。
リクルートエージェントの何がいいって、転職希望者向けの無料講習会を開いてくれるところなんです。
非常に参考になりました。単なる履歴書の書き方だけではなくて、転職に向けた心構えとか、考えるべきところとか、そういうところを教えてくれます。無料ですからねえ。ありがたいです。
 
私が最終的にお世話になったのは、「JACリクルートメント」さんでした。たまたま、いい案件があったのと、たまたま、素晴らしいエージェントの方に出会ったのでした。面接のときとか、相手のフィードバックを聞いてきてアドバイスしてくれたりして、非常に助かったのでありました。
 
<レジュメ(履歴書)・職務経歴書>
転職活動には、自分を売り込む「レジュメ(履歴書)」と「職務経歴書」が必要です。
転職エージェント各社のホームページにサンプルがありますから、それを使って、ともかく書いてみる。書いたら転職エージェントに送って、コメントをもらう。コメントを踏まえて修正し、エージェントに送る。またコメントもらって・・・、というのを2,3回繰り返せば、いいのが書けます。やっぱり他人に見てもらうのが重要です。
 
<応募から書類選考まで>
転職エージェントから来る各社の募集要項を読んで、応募する・しないを決めます。
自分がこだわるポイントを絞り込むのが重要。譲れないところはどこなのか。
色々と考えた挙句、私は「年収」にしました。「年収」を下回るところには行くまい、と決心したのでした。
 
応募先を決めたら応募します。
まずは書類選考です。
書類選考は落ちて当然と考えるべき。私もたくさん落ちました。まあご縁が無かったと思って諦めましょう。新卒採用時と同じ心構えで行くべきです。
あと、当たり前ですが、新卒時とは違って、募集時期がまちまちです。いつも募集かかっているわけではありません。長期的な戦いを前提にするべきだと思います。ということで、会社を辞めてから転職活動するのはやめたほうがいいと思います。
 
<面接>
書類選考に通ると面接です。
夜に面接してくれる会社が多いので、仕事との両立は簡単だと思います。応募先企業によるかもしれませんが。
面接テクニックは色々と情報があるので、ここに書かなくてもいいでしょう。
 
こちらは転職者。別に受からなくても今の会社に勤めていればいいんだ!ぐらいの気持ちで、堂々と面接に臨むべきだと思います。その方がうまく喋れます。また、転職の面接はマッチングの場と言われます。相手と合う合わないを確認するためにも、堂々と素の自分を出すべきだと思います。
 
私は何社か受けて、受かったり受からなかったりでした。
受からなかった場合は「合わなかった」と思って先に行くべし。
あ、結果の通知が遅い会社もあります。たぶん本命は他に居て、キープされているんだと思います。結果がなかなか来ない場合は、次を探すべきです。私はある会社で3ヶ月くらい待ってしまって(活動を休止してしまって)、挙げ句の果てに不採用、というのがありました。時間を損しました。
 
<合格から意思表示まで>
無事に最終面接まで終わったら、会社によって違うと思いますが、条件提示面談があって、条件を確認して、最終的に意思を相手に伝えます。
条件はしっかりと確認しなければなりません。ある会社で、求人情報の年収と提示された年収に大幅な乖離があって、辞退したことがありました。しっかりと確認しましょう。
納得したら、入社の意思を相手に伝えます。
 
<退職交渉から退職まで>
入社の意思を相手に伝えたら、今度は自社に退職を届け出なくてはなりません。
自分の上長に伝えます。
・・・が、もし可能なら、この時点で年休消化しておくべきです。退職を伝えた後は引き継ぎとか色々と発生するため、休めません(うまく休む人もいますが)。うまく休みを取っていきましょう。私はこの点で失敗しました。
 
退職を申し出たら、退職するしかありあせん。カウンターオファーがあろうが、何を言われようとも、退職を押し通すべきです。私の場合は、上長が理解ある人で、だいぶ惜しまれましたが、変にもめることなく退職を認めていただけました。
 
あとは退職するだけなのですが、ポイントは以下のとおり。
 
・しっかりと引き継ぎする。
 →当たり前なので割愛。
 
・上長がOKを出すまで、退職することを上長以外の誰にも言わない。
 →退職すると周りへも影響を及ぼしますので、下手に周りに言うのは避けるべきです。上長からOK出るまで、私は親にも言いませんでした。私はいちおう管理者でして、前に部下が退職したことがあります。その部下は私がOK出す前に周りに退職を言いふらしていました。「お前なー、俺がこれだけ周りへの影響を考えて黙っているのに、なんだその態度は!」と思ったものでした。曲がりなりにもお世話になった上長は立ててあげましょう。
 
・次に行く会社を言わない。
 →転職のマニュアルにも書いてあると思いますが、言わないほうがいいと思います。言っちゃうと「あそこはどうかなー」とか色々と言われて、雰囲気悪くなると思います。転職してから言えばいいと思います。私はそうしました。
 
・入社の準備をする。
 →これが重要だと思います。転職者は即戦力として扱われますので、別のフィールドに挑む場合は準備するべし。私は技術フィールドの異なるところに行ったので、次に必要となる技術の専門書を何冊も読みました。入社後に大変役立ちました。リフレッシュのためにお休みを取るのもいいですが、別フィールドの場合は勉強すべきだと思います。
 
こんな感じでしたかね。
どなたかの参考になればと思います。

Continue reading “転職しました〜IT業界30代後半の転職活動〜”

都市銀行の窓口にて

昨日は代休をいただきまして、某都市銀行に行ってきました。
インターネットのオンラインサービスでは、一定額以上の定期預金口座の解約ができなかったためであります。
 
地元の支店に行くと、かなりの規模でした。そういえば最近建て替えられたんだったな。
定期預金関連は3階とのことで、3階まで上ります。
 
窓口が並んでいまして、かなりリッチな感じ。一席一席がパーティションで区切られていました。
番号券を取って、ソファーに座ってしばらく待つ。かなり待つと、番号が呼ばれました。
窓口のソファーに座って、定期解約の旨を伝え、手続きをしてもらいます。専用のタブレットが置いてあって、定期口座情報が表示されますので、確認してチェックボタンを押す。解約の書類にサインし、ハンコを押す(さっきのタブレットは何だったんだ)。解約後のお金は普通口座に入金してもらいます。普通口座のカードをリーダーに差し込んで、暗証番号を押す。窓口の係りの人は、定期通帳にハンコを押したり、金利の計算結果を説明する紙を打ち出します。係りの人の後ろにはもう一人。サポートしているのかチェックしているのか。途中で解約理由を聞かれました。証券会社の口座に入金するんだと答えておきました。手続き完了。席を立つと、わざわざ二人して深くお辞儀してくれたのでした。
 
・・・えーーーい、まどろっこしいなあ!
ネット銀行だとクリッククリックで終わるんだけどなあ。壮大な時間の無駄でした。途中でタブレットを使っていましたが、あれも中途半端な情報化ですよねえ。銀行も無駄な手間だし、ユーザーも時間の無駄です。一定金額以上の解約が窓口でしか出来ないというのはやめてほしいなあ。
 
ソファーで窓口が空くのを待っている間、ディスプレイに銀行の金利情報が表示されていました。定期金利はネット銀行の十分の一程度でした。これだけの手間をかけてりゃ、金利は低くもなるでしょう。せめて解約防止の勧誘でもしてくれたり、何か提案でもしてくれるんだったら、納得できるのですが。
 
定期預金はすべてネット銀行に移行しているのですが、給与口座含めて、全てをネット銀行に移そうかなあと考えた、都市銀行の窓口でありました。

Continue reading “都市銀行の窓口にて”