レオン・レイソン 『シンドラーに救われた少年』

レオン・レイソン 『シンドラーに救われた少年』を読みました。

こちらもブックオフのセールで入手。

シンドラーのリストに載るときの行動など、レオン・レイソンの勇気に心打たれます。
青少年読書感想文全国コンクールの課題図書だったそうな。若い頃にこういう本と出会うのは素晴らしいと思います。

今年3冊目。

ダイアン・アッカーマン『ユダヤ人を救った動物園―ヤンとアントニーナの物語』

ダイアン・アッカーマン『ユダヤ人を救った動物園―ヤンとアントニーナの物語』を読みました。

年明けにブックオフがセールをしていて、実家の近くのブックオフで購入した本です。

ナチの侵攻を受けたポーランドにおいて、ワルシャワ動物園の園長夫妻はユダヤ人を動物園に匿って救い出していったのです。その勇気の物語。オススメ。

今年2冊目。

エドガー フォイヒトヴァンガー『隣人ヒトラー: あるユダヤ人少年の回想』

エドガー フォイヒトヴァンガー『隣人ヒトラー: あるユダヤ人少年の回想』を読みました。

後に歴史家となる、ヒトラーの家の前に住んでいた少年の回想録です。
無茶苦茶に面白い!ヒトラーとナチスがどのように支持を広げ政権を取っていったか、人々はそれをどのように受け止めたのか、というのが両親や親戚、友人たちとのやり取りから浮かび上がってきます。

最後のシーンは鳥肌が立ってしまいました。
歴史好きには強くおすすめしますし、こういうのはいつ何時も起こりうるので、今も今後も読みつがれていくべき本でしょう。

今年28冊目。
※図書館で借りた本。

山崎圭一『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』

山崎圭一『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』を読みました。

キャッチーなタイトルですが、確かにわかりやすいです。
これはオススメ。
とはいえ、世界史は範囲が広いので、一回読んだだけでは覚えきれません。何度も読むことにしよう。Kindle版を買ったので、いつでも読み返せるのがいいところ。

今年26冊目。

C.ウォルター・ホッジズ『絵で見るシェイクスピアの舞台』

C.ウォルター・ホッジズ『絵で見るシェイクスピアの舞台』を読みました。
 

 
市川市民アカデミーとして千葉商科大学で開かれた、譲原晶子さんの「ヨーロッパの劇場の形」という講義で紹介されていたので、読んだ次第となります。
 
シェイクスピアの頃の劇場がどのような形をし、どのような演劇が行われていたのかを、イラストとともに解き明かしていきます。
大きな柱が2つあって、演劇をする側はそれを活用してスムーズな場面転換を演出し、観る側は必要に応じて柱を避けながら観ていた(席の移動は自由だった)というところが、今とは全然違うところで、興味深かったです。
 
シェイクスピアの戯曲をすべて復習してから読むと更に面白いと思います。
 
今年2冊目。
※図書館で借りた本。

Continue reading “C.ウォルター・ホッジズ『絵で見るシェイクスピアの舞台』”

ラス・カサス『インディアスの破壊についての簡潔な報告』

ラス・カサス『インディアスの破壊についての簡潔な報告』を読みました。
 

 
有名な本。スペイン人によるインディオ殺戮がレポートされています。
著者については、今から見ると疑問もありますが(かなり一方的にキリスト教を広めようとしているので)、植民地の実態を国王に伝えようとした真摯な姿勢には心打たれます。解説がまた興味深く、本書は植民地主義への告発としてではなく、スペインを非難/攻撃するのに使われたらしい。正当に評価されるようになってきたのは最近のことのようです。
 
昔のことのように見えて、堤未果『(株)貧困大国アメリカ』と照らし合わせて読んでみると、今も征服/被征服の関係は、色々なところで続いているように見えます。目に見えた暴力ではなくても、経済的な力によって。
 
オススメ。
 
今年9冊目。
※図書館で借りた本。

Continue reading “ラス・カサス『インディアスの破壊についての簡潔な報告』”

シュリーマン『古代への情熱―シュリーマン自伝』

 シュリーマン『古代への情熱―シュリーマン自伝』を読みました。
 
 
 
 シュリーマンについては子供の頃に歴史の漫画で読んだ気がします。
 やっと読んだ本。純粋な自伝は第一章のみですが、これだけでも読む価値ありだと思います。
 
 今年79冊目。

Continue reading “シュリーマン『古代への情熱―シュリーマン自伝』”

チャック・コール+マービン・クローズ『サッカーが勝ち取った自由―アパルトヘイトと闘った刑務所の男たち』

 チャック・コール+マービン・クローズ『サッカーが勝ち取った自由―アパルトヘイトと闘った刑務所の男たち』を読みました。
 
 
 
 南アフリカで囚人が囚われられていたロベン島。そこで自発的に生まれたマカナサッカー協会。その歴史を追うルポルタージュです。
 めちゃくちゃに面白い!
 というか、南アフリカのアパルトヘイトの歴史を知らなさすぎました。本書で南アフリカの歴史を知ることができますし、何よりスポーツが何をもたらすのか、考えさせられます。南アフリカでは民主主義の学校と言ってもいいような役割を果たしたのでした。
 この本読んでたら南アフリカで開かれたワールドカップも観てたなあ。失敗失敗。
 
 オススメ。私の本棚(厳選)行き確定。
 
 今年35冊目。

Continue reading “チャック・コール+マービン・クローズ『サッカーが勝ち取った自由―アパルトヘイトと闘った刑務所の男たち』”

ジョン・ハーシー『ヒロシマ』

 ジョン・ハーシー『ヒロシマ』を読みました。
 
 
 
 戦後間もなく『ニューヨーカー』紙に掲載されて、その日のうちに30万部を売り切ったという、広島の悲惨さを米国に知らしめた著名なルポルタージュです。本書は明田川融によって訳しなおされるとともに、ルポで取り上げられた6人のその後を描いた「ヒロシマ その後」を加えた増補版です。ヒロシマの記憶が消え失せようとしている危機感で、法政大学出版会が再出版に踏み切ったのだそうです。
 筆致はいたって冷静です。
 第五福竜丸の悲劇を受けて原水爆禁止の動きが生まれたものの、日本政府は実験中止を米国に要求しなかったこと、原水爆禁止運動は“「いかなる国」問題”で分裂してしまったことなどを踏まえ、近年ヒロシマ・ナガサキの記憶が薄れていっていることを指摘し、本書出版の意義を改めて確認する明田川融のあとがきも必読です。
 
 今年56冊目。

Continue reading “ジョン・ハーシー『ヒロシマ』”