アーシュラ・K.ル=グウィン『ゲド戦記(1)影との戦い』

アーシュラ・K.ル=グウィン『ゲド戦記(1)影との戦い』を読みました。
 
ゲド戦記(1)
 
流行りに乗じてしまった。
若い頃に読んでおけば良かったと後悔。
シリーズ全巻読破するしかないかな。
 
今年72冊目。

Continue reading “アーシュラ・K.ル=グウィン『ゲド戦記(1)影との戦い』”

藤原新也『渋谷』

藤原新也『渋谷』を読みました。
 
渋谷
 
ナショナリスティックな新刊本が大量に並んでいる中に、ひっそりと本書が置いてありました。藤原新也さんといえば私にとっては”管理社会論のテクスト”という印象があります。手に取ってみたのは久しぶり。
 
渋谷を舞台に、藤原さんと3人の少女の交流が描かれ、その母親との関係性が見えてきます。
オススメ。
 
今年70冊目。

Continue reading “藤原新也『渋谷』”

ジョン・ディクソン・カー『皇帝のかぎ煙草入れ』

ジョン・ディクソン・カー『皇帝のかぎ煙草入れ』を読みました。
 
皇帝のかぎ煙草入れ
 
良くできている(偉そうなコメント)。
風景描写や心理描写にも優れている。推理小説は謎解きしたくてはやく読み進めてしまいますが、これはじっくりと読むべき本かと思います。
 
今年69冊目。

Continue reading “ジョン・ディクソン・カー『皇帝のかぎ煙草入れ』”

エラリ・クイーン『Yの悲劇』

エラリ・クイーン『Yの悲劇』を読みました。
 
Yの悲劇
 
この犯人は想像できませんでしたなー。
オススメなのですが、ヴァン・ダイン『グリーン家殺人事件』の後に読んではいけません。シチュエーションが非常に似ているので、頭が混乱してしまいます。
 
今年68冊目。

Continue reading “エラリ・クイーン『Yの悲劇』”

もんじゃ焼き

もんじゃ焼き作りました。
 


 
ブルドックソースから『月島もんじゃ焼』が販売されています。
ソースと具がセットになったもの。
水とキャベツを追加すれば、簡単にもんじゃ焼きを楽しむことができます。ベーコンが余っていたので、ベーコンも入れて作ってみました。
 
かなりおいしかった。
オススメであります。

Continue reading “もんじゃ焼き”

Sadistic Mica Band Revisited『タイムマシンにおねがい(06 version)』

Sadistic Mica Band Revisited『タイムマシンにおねがい(06 version)』をダウンロードでゲット。
 
YMO→高橋幸宏→サディスティック・ミカ・バンド
 
という流れで高校のときからよく聴いておりました。
 
今回、木村カエラさんをボーカルに迎えています。
曲に見事に合っていますなー。かなり良いです。オススメ。
 
なお、キリンビールのCM曲となっており、メイキング画像をこちらで見ることが出来ます。

Continue reading “Sadistic Mica Band Revisited『タイムマシンにおねがい(06 version)』”

”東京風”お好み焼き

お好み焼き作りました。
 


 
(ボケている・・・)
 
生地と具を混ぜる関西風のお好み焼き。
我が父(広島出身)は、東京に出てきてからこのようなお好み焼きを知りました。故に、我が家ではこのタイプのお好み焼きを”東京風”と呼んでしまっております。
 
広島風のお好み焼きは大好きなのですが、
 
・ひっくり返すのが難しい
・一人暮らしには後片付けが大変
(はじめから生地と具を混ぜる場合は、切ったそばからボウルに具を入れていけばいいので、後片付けが簡単です。広島風は具を別々のお皿に用意しておかないといけないので、食後に大量の皿を洗うハメになります)
 
という理由で、生地と具を混ぜるタイプにしました。
 
豚肉がコリコリになるまで焼くのがおいしい。

Continue reading “”東京風”お好み焼き”