西村京太郎『死への招待状』

西村京太郎『死への招待状』を読みました。

湯河原の西村京太郎記念館を訪れた際に購入した本。ご本人からサインを頂いてしまいました!写真も撮っていただきました。ありがたいことです。

本書は1960年代、70年代の短編集。探偵たちのハードボイルドもので面白かったです。時代背景(ベトナム戦争)を感じさせる短編も含まれておりました。

サイン入りの本書は宝物にします。

今年6冊目。

川端康成『伊豆の踊子』

川端康成『伊豆の踊子』を読みました。

正月に旧天城トンネルに行ったので、実家にあった本書を久々に再読しました。主人公は踊子一行に心ほぐされるのですが、でも再び会うことはないのでしょう。文庫本にパンフが入っていて、旧天城トンネルに立つ川端の写真がありました。同じところに行ったんだなあと少しうれしくなりました。

今年1冊目。

チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』

チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』を読みました。

韓国のフェミニズム小説。
私は男性ということもあり、小説の最後のところはうなってしまいました。
自分の意識や、周りの社会構造を振り返るきっかけの一冊に。

今年51冊目。
※図書館で借りた本。

東川篤哉『探偵部への挑戦状 放課後はミステリーとともに』

東川篤哉『探偵部への挑戦状 放課後はミステリーとともに』を読みました。

学園ものライトノベル+ミステリー。『放課後はミステリーとともに』は読んだことがないので、いきなり続編から読み出してしまったという次第。
人が死ぬこともなく、明るいギャグテイストで物語が進行します。こういうのもいいですね。主人公をもっと活躍させた方が輝くと思ったのですが、ドジなところも魅力というところか。

今年35冊目。
※図書館で借りた本。

石牟礼道子『苦海浄土』

石牟礼道子『苦海浄土』を読みました。

水俣病を忘れてしまっている私たちに忘れるな忘れるなと迫ってきます。ルポルタージュとして読んでしまいましたが、渡辺京三の解説にある通り、聞き書ではなく、石牟礼道子が人々の心の声を聴き取って書いたものだとのこと。時として幻想的な表現もあり、一つの文学作品として成立しているんだと思います。

読み継がれるべき名著。

今年12冊目。
※図書館で借りた本。

ジャン・エシュノーズ『ラヴェル』

ジャン・エシュノーズ『ラヴェル』を読みました。

作曲家ラヴェルの晩年から死までが描かれています。
関口涼子さんの翻訳が見事。気取った言い方であれですが、音楽を奏でるようというか、小説と見事にマッチした文体になっていると思います。
終末も音楽が流れるような感じで、私はあまり悲しみは感じませんでした。

今年7冊目。
※図書館で借りた本。

西川美和『その日東京駅五時二十五分発』

西川美和『その日東京駅五時二十五分発』を読みました。

その日が何の日かを書いてしまうとつまらないのですが、書いてしまうと、玉音放送の流れた日です。情報部にいた兵士が帰郷するのを描いています。著者のおじさんに話を聞いて書いたそうです。あとがきにありますが、書いているときに東日本大震災の経験がありました。戦争と震災が交差するかのようでありました。

今年6冊目。
※図書館で借りた本。