南谷三世『読むだけ なるほど! 英文法』

南谷三世『読むだけ なるほど! 英文法』を読みました。

ドラマの英会話を例文にして英文法のポイントを解説した本。学びどころが多く、参考になりました。
kindle版で、繰り返し読むことにします。
オススメ。

今年49冊目。

アルク英語出版編集部『究極の英単語 SVL Vol.1, Vol.2』

究極の英単語 SVL Vol.1, Vol.2を読みました。

文とセットなので覚えやすいかなあと思ったら、途中から単語だけになってしまいました・・・。
Vol.2まで行きましたが、結構知らない単語も多く、この方式だときついなあと思って、Vol.3以降は断念。
別の単語帳で精進します。
一通り単語を抑えた後に、抑え漏らしがないかを確認するにはいい単語帳かもしれません。

今年47,48冊目。

マット・カーター『なぜあの人は、中学英語でもネイティブと仕事ができるのか?』

マット・カーター『なぜあの人は、中学英語でもネイティブと仕事ができるのか?』を読みました。

久々の再読。英語でのコミュニケーション方法や工夫について、具体的な例とともに解説されています。
表現をいろいろとメモメモ。実践で使っていきます。

今年45冊目。

スティーブ・ソレイシィ+大橋弘祐『難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!』

スティーブ・ソレイシィ+大橋弘祐『難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!』を読みました。

先日、仕事で韓国の方と英語で話す機会があり、しばらく英語を話していなかった私はうまく話すことができなかったのでした。英語を改めて学び直そうと思った次第。そんななか、Amazon Prime特典で無料で読めた本書を手に取ったのでした。

スティーブ・ソレイシィさんの本で英語を学ぶことはありましたが、本書は学び方などについて直球で語られており、時折毒舌も混じり、かなり面白いです。文中に出てくるフレーズなども極めて実践的だと思います。

2回読んで、フレーズはEvernoteにメモをとっておいて、繰り返し音読して練習しています。
オンライン英会話と、スピーキングテストもやるぞー。

今年37冊目。

関根正和『非ネイティブの旅行英会話』

関根正和『非ネイティブの旅行英会話』を読みました。

久々の英語本。いや、今年こそ海外旅行したいという思いがあり・・・。
シンプルで通じる英語が解説されています。こういう本が欲しかった。何回か読み直そうと思います。電子書籍版が欲しいなあ。自分でなんとかするしかないか・・・。

今年13冊目。
※図書館で借りた本。

柳瀬和明『日本語から考える英語表現の技術―「言いたいこと」を明確に伝えるための5つの処方箋』

柳瀬和明『日本語から考える英語表現の技術―「言いたいこと」を明確に伝えるための5つの処方箋』を読みました。
 

 
まずは日本語で言いたいことを明確にする、というのがポイント。
英語学習のはじめのうちに読むといい本かも知れません。
 
今年30冊目。

Continue reading “柳瀬和明『日本語から考える英語表現の技術―「言いたいこと」を明確に伝えるための5つの処方箋』”