佐々木寛『市民政治の育て方 新潟が吹かせたデモクラシーの風』

佐々木寛『市民政治の育て方 新潟が吹かせたデモクラシーの風』を読みました。

師匠の本なので、何をおいても読まなければなりません!

選挙活動にコミットした経験から、市民政治の技法(アート)を論じています。
具体的なところは本書をあたっていただくとして、自身が行動してこなかったことを反省・・・。
安保法制のときに、デモに行ったっきりで、その後は政治とはご無沙汰してしまっていた気がします。
市民として何らかの形で政治に関わらないと。

今年51冊目。

NPOガンバの会 2016年度通常総会に参加

千葉県は市川市で活動しているNPOガンバの会 2016年度通常総会に参加してきました。先日会員になっていたのであります。
 
IMG_0977
 
理事長からお話があり、最近はホームレスが見えない・見えにくくなってきているとのこと。ネットカフェとかがあるので、実態が分かりにくくなってしまっているようです。また相談内容も複雑化しており、対応する人材の採用・育成が課題とのこと。お給料が安いため、なかなか人も集まらないらしい。2015年度の報告と、2016年度計画の報告があり、いずれも了承されましたが、非常に厳しいようです。私にできることは限られますが、ほんのちょこっと増額して会費を納めることにしました。
 
総会後はガンバの会のビルのフロアの紹介をしていただきました。その中でいろいろと活動内容についても知ることができました。
夢塾という、生活困窮家庭(主に母子家庭)の子供向けの塾をやっているのですが、塾ではフードバンクから提供されるお菓子やパンが提供されます。それが生活の糧となっている子供もいるとのことでした。
 
販売会があって、キャンドルを購入。革製品なども販売されていましたが、品質的には正直まだまだだなーという感じ。キャンドルはおしゃれな感じで良かったです。また、総会参加者にはラッシュジャパンよりプレゼントがありました。肌に塗るクリームとバッグと風呂敷。ラッシュジャパンはチャリティに積極的のようですね。知りませんでした。総会のあと実家に帰る用事があったので、母親にあげたら喜ばれました。

Continue reading “NPOガンバの会 2016年度通常総会に参加”

『東京防災』

『東京防災』を読みました。
 

 
無料で配布されていました。
私は千葉県在住ですが、それでも非常に参考になりました。
さっそく備蓄食料(カップ麺)と、ガス缶を買い込んでみました。
 
どなたにも参考になると思いますので、オススメです。
ちなみに最後の、かわぐちかいじさんの漫画は後ろから読むものです。失敗して逆から読んでしまいましたので、ここに注意喚起を。
 
今年33冊目。

Continue reading “『東京防災』”

安全保障関連法に反対する学生と学者の共同行動

2015/7/31に「安全保障関連法に反対する学生と学者の共同行動」へ参加してきました。
 
大学を卒業してだいぶ経ってから、大学時代にお世話になった先生のもとに有志が集まって、年に1回ほどゼミをしているのですが、その仲間から誘われての参加です。
 
18:00に砂防会館に集合。「学生と学者と市民の共同集会」に参加して、学者・学生それぞれの代表者によるスピーチを聞きます。
 
image
 
学生の方のストレートなメッセージに心うたれました。中野教授が言っていましたが、なんでいまさら「憲法を守れ」と言わないといけないのか。立憲主義が危うい現在の状況に非常に危機感を覚えました。
 
スピーチを聞いた後はデモです。夜の東京見学といった感じの穏やかなウォーキングでした。
 
image
 
笑えたのは国会議事堂周辺です。
衆議院と参議院のところで、野党議員たちが集まって、デモに手を振って応援している。おいおい。お前らが頑張るんだろー、とツッコミせざるを得ませんでした。
 
日比谷公園まで歩く。
 
image
 
デモはこれで終わりだったのですが、国会議事堂正門で抗議行動が行われていたので、国会議事堂まで戻りました。
 
国会議事堂正門前はあまりに人が集まりすぎていて、大混雑になっていました。
道路を潰してデモを通さないと危ないんじゃないかなあ。警察に考慮を求めます。
渋滞になったりして、デモ参加者の中にはイライラしてしまって、警官に食ってかかる人が出ていました。手を出しているような人がいたので「暴力はだめだろう!」と怒鳴って注意しておきました。
 
デモ参加後は有楽町で飲み会というか、ゼミをしました。
 
image
 
報道のあり方も気になっていて、報道するべきはデモではなく、学生のスピーチなのではないか。自分の言葉で、率直にスピーチする姿こそ報道してほしいかなあと。
 
あと、普通の人が、デモ参加する人のことを悪く言ったり、Facebookで叩いたりしているようです。この悪意と行動はどこから来るんだろうか。この点も気になっていて、考えていきたい。
 
またいつか参加しよう。

Continue reading “安全保障関連法に反対する学生と学者の共同行動”

国会前のデモに参加!

昨今の政治があまりにひどいので、頭にきていたのですが、そんな中でこの度の強行採決を聞いて、デモに参加してきました。
 
仕事の打ち合わせを終えて20:30頃に首相官邸前に到着。
いろいろな方々のスピーチを聞きつつコールを共にする。
 
1時間半くらい居て、そこから国会をぐるーっと歩いて、永田町の方から歩いて行って国会正門前の集会に参加。
永田町から回ったのがよくて、デモの中心に一気にたどり着きました。
みんなと一緒にコール。
 
「民主主義ってなんだ!」「なんだ!」
「Tell me what democracy looks like!」「This is what democracy looks like! 」
「なんか自民党感じ悪いよね」「なんか自民党感じ悪いよね」
 
途中で、ある人から大きなプラカードを譲り受けてしまった。おそらく主催していたSEALDsが用意したもの。それを振りつつコールしていました。雨に負けずに声を張り上げる市民の皆さん。私は日和って傘をさしていましたが。
コールは23:30過ぎまで続いて、デモの終了を見届けて帰途に着いたのでありました。
 
いわゆる戦争法案が云々というよりは、民主主義のプロセスが踏みにじられていると感じる。
日本は米国の属国なので仕方ない。確かに現実はそうなのですが、現実を変えることはできるはずだし、やらねばならん。
 
かつて政治学者の高畠通敏は、市民運動を「文字通り体を運び動かすことによって相手を動かすという方法」だとして積極的に捉え、自らも運動の中に身を投じたのでした。彼には全くもっておよびもつきませんが、私の、このちょこっとした運動が、どなたかの心を動かし、さらなる運動に繋がり、現実を変えることに繋がらんことを。
 
image
 
image
 
image

Continue reading “国会前のデモに参加!”

「はだしのゲン」作者の中沢啓治さんからの最後のメッセージ

「みなさんがたも、どんなこと言われたってぇ、戦争だけは、反対しろよ。もう、僕らは、嫌というほど、戦争の恐ろしさ、核兵器の恐ろしさ、味わってきたわけだから。もう二度とこれは、繰り返しちゃいかん。みなさんがたの、頭の上に、それがのしかかってきたら、どんなに、恐ろしいことか。だから、他人ごとみたいに思わず、自分のこととして、戦争と、核兵器反対は、心の底から、叫び続けて欲しいと、思います。ねっ。」
 
中沢啓治さんが、2012/9に広島市の小学校で行った最後の講演会から。
テレメンタリー、よくぞやった!!
 
from テレメンタリー「僕はまだまだ死にません~はだしのゲンが伝えるもの~

Continue reading “「はだしのゲン」作者の中沢啓治さんからの最後のメッセージ”

小熊英二『社会を変えるには』

 小熊英二『社会を変えるには』を読みました。
 
 
 
 大学時代のゼミのメンバーと「大人のゼミ」と称して半年に一回ほどゼミをしています。
 そのゼミで使ったテキスト。
 
 大著ですが、社会を変えるための考え方、行動が論じられています。
 本書で紹介されている『リスク社会(危険社会)』は読まないとな。「リスク社会」というのが現代を最もうまく表現しているような気がするので。
 
 今年14冊目。

Continue reading “小熊英二『社会を変えるには』”

TwitNoNukes編『デモいこ!—声をあげれば世界が変わる 街を歩けば社会が見える』

 TwitNoNukes編『デモいこ!—声をあげれば世界が変わる 街を歩けば社会が見える』を読みました。
 
 
 
 私の師匠はデモの親玉?みたいな人(高畠通敏)だったのですが、私自身は実は参加したことがないのです。
 本書で具体的な参加方法や開催方法をつかめました。今度行ってみよう!
 
 今年98冊目。

Continue reading “TwitNoNukes編『デモいこ!—声をあげれば世界が変わる 街を歩けば社会が見える』”

ある日の会社風景、あるいは会社で働く女性について

 さいきん管理職になりまして、部下の皆さんがいるわけなのですが、その内の一人(女性)が今日打ち合わせをしておりました。ある会社から人が来て、その会社のサービスについて説明を受けていました。こちらのメンバー含めて総勢6名。5人が女性で1人が男性。プロジェクトマネジャー含めて、中心メンバーはすべて女性です。
 
 「女性の社会進出」というとなにやらいかめしいですが、そういうのが普通になっているなあと、いまさらながら実感したわけであります。IT業界だからかもしれませんが、こういうのが普通の感じです。間違っちゃいけないんですけど、昔より社会は良くなっている。昔がいいわけではないのですよ。
 
 それが日中の出来事でありまして、夜は管理職限定の懇親会でした。
 
 大きな組織の懇親会で、お呼ばれして行ってきたのであります。部課長合計で90人くらい集まったとか聞きました。
 で、そこにいた女性はなーんと1人でした。90人の中で1人です。
 
 仕事の中では女性中心の場面が多々ある。一方で管理職の世界に女性は非常に少ない。
 原因はいろいろでしょう。いろいろ議論されています。私もまだ考えきれてないところではありますが、会社で働く女性について、考えさせられる一日でしたので、忘れないためにも記録しておきます。
 
 民主党や自民党総裁選見ても、何ら期待できない現状です。そんな状況だからこそ、少なくとも自分で出来る範囲では、社会をヨリよくしようと考えております。職場をちょっとでもよくしていったり、そういう活動の積み重ねが、社会をヨリよくしていくことにつながると確信しております。
 
 なーんて。

Continue reading “ある日の会社風景、あるいは会社で働く女性について”