CCDA DESGN試験合格!その1

CCDA DESGN試験(640-861J)に合格することができました。
これで晴れてCCDAになることができました。
 
<はじめに>
噂通り、非常に難しい試験でした。このどこがAssociateレベルだというのでしょうか。私は本当にギリギリで合格しました。基準点との差がほとんどありませんでしたので(^^;;
CCNAと比べると、合格体験記とか、受験記も少ないようなので、詳しく書き込むことにします。
 
<参考書>
 
CCDA Self‐Study:CCDA DESGN試験認定ガイド―CCDA DESGN試験#640‐861対応
 
を用いました。
試験範囲は網羅されていると思います。しかし、問題が十分ではありません。CCDAの問題集はあまり出回っていません。日本語の書籍では一冊も発刊されていません。いろいろと探しました。すると、洋書でありますが、以下の本を発見しました。
 

CCDA/CCDP Flash Cards and Exam Practice Pack

 
CCDAとCCDPの”フラッシュカード”です。
”フラッシュカード”とは何か・・・調べると幼児の早期教育で使用する教材らしいのですが、要は英単語や漢字を覚えるときに昔よく使ったアレです。リングに紙をはめて表に英語、裏に意味を書く。それを持っては時間のある時に確認していました。それが本になっていると考えるのがいいと思います。
 
さらにいいのはフラッシュカードだけではなく、問題集も付いてくるところ。CCDA:275問+CCDP:275問の計550問も付いてきます!問題集はソフトウェアなので、パソコンにインストールする必要があります。非常に使い勝手がいいソフトでした。
 
さらにさらに、問題集のみならずコンパクトなチェックシートも付いてきます。本として印刷されていますし、CD-ROM内にPDF形式で付いてくるので家や会社で気軽にチェックできます。難点は印刷できないというところ(ロックされています)。これは不便です。私はCLIEを持っているので、CLIE内に保存して、Pixcel Viewerというソフトで閲覧できましたが、そういうのを持っていないとつらいと思います。ノートPCを持ち運ぶのも骨が折れますし。
 
しかし何と言っても洋書なので、英語を知っていないとつらいです。ま、CCDPなんて日本語で読める書籍はほとんどありません。CCIEは言うまでもなく。上級レベルになるにつれて英語からは逃げられなくなるので、弱音を吐いてはいけないでしょう。
あと購入方法なのですが、私はAmazon.comを利用しました(Amazon.co.jpでは今のところ買えません)。送られてくるまでにすごく時間がかかりました。後で知ったのですが、日本のSkySoftという洋書販売サイトで普通に買えます。こちらの方がいいかもしれません。
 
そうそう、フラッシュカードは本のみならずソフトウェアとしても付属しています。本当に盛りだくさんな本であります。さらにすばらしいのはPalmとPocket PCに対応したフラッシュカードソフトまで付いていること!・・・しかし、私のCLIE NX73Vにはインストールできませんでした。インストールしたら無限リセット地獄に陥り、ハードウェアリセットしなければならなくなりました(T_T)

Continue reading “CCDA DESGN試験合格!その1”

皆川博子『死の泉』

皆川博子『死の泉』を読みました。
 

死の泉 ハヤカワ文庫JA

 
第二次大戦中~後のドイツが舞台の小説。
ネタバレ避けるためタンパクに紹介しますが、前半の盛り上がりを後半で捉え切れていない小説だと思いました。前半かなり期待するのですが・・・後半”あれれ・・・”となってしまいます。イマイチでした。

Continue reading “皆川博子『死の泉』”

セブンイレブンのちゃんこ鍋

セブンイレブンでちゃんこ鍋が売っています。
 
20041125201820.jpg

 
鶏肉の他、野菜もたっぷりと入っていて、非常においしかったです。
 
最近、このような一人用鍋をアレンジするのに凝っています。
グツグツ煮て、最後に京野菜の水菜(みずな)を入れます。はじめに入れちゃうとシャキシャキ感がなくなりますので、最後に入れるのがコツであります。
 
いやー、うまい。幸せ。

Continue reading “セブンイレブンのちゃんこ鍋”

年を取ると鼻毛が伸びる

と思うのですが、私だけでしょうか。
 
手入れしても手入れしても元気良く伸びてきます。
髪の毛はどんどんと抜けていくのに。最悪であります。
 
・・・と、こんな書き込みになっているのは、またまた勉強のスケジューリングを間違えてヤバいことになっているからです。さっさとお風呂に入って勉強しよう。

Continue reading “年を取ると鼻毛が伸びる”

郵便局の数

先日郵便局に行って来ました。年賀切手を買うためです。
 
私の住むアパート(千葉の某所)から歩いてすぐのところに郵便局があります。行って用を済ませて帰ってくるまで10分とかかりませんでした。
 
ところで、アパートから最も近い駅に行く道すがらにも別の郵便局があります。さらに、アパートから国道に出て少し歩くと、また別の郵便局があります。郵便物を運ぶ大きい郵便局です。さらに、別の駅に行く道すがらにも、またまた別の郵便局があります。アパートから歩いていける範囲で4つもの郵便局が存在するのです。
 
ちょっと多いので、知人に話したところ、郵便局はまだ存在するとのこと。友人の情報を総合するに、なーんと歩いていける範囲で6つもの郵便局が存在するのです!!
 
いくらなんでも多すぎであります。
郵便事業は”ユニバーサルサービス”ということで広くあまねく市民に提供されなければなりません。それは理解できるのですが、あまりにも郵便局数が多すぎると思います。公社になったわけですから、大ナタ振るって事業の効率化に取り組んでほしいところであります(そして消費者に還元してください)。

Continue reading “郵便局の数”

スーダン・ダルフール危機情報ソース

スーダン・ダルフール危機情報wiki
→僭越ながら「日本人ブロガー・リスト」に登録してしまいました。リストに登録されているブログは要チェック。
 
ダルフール紛争(Wikipedia)
→本当にWikipediaはすばらしい。参考になります。
 
とりあえず上記2つをあらためてご紹介しておきます。いずれもWiki(うぃき)を使っています。複数の人間がコンテンツを作り上げていくための、現状では最良の方法であると思います。
 
ところで、民兵は”ジャンジャウィード”ですね。この前のアグネス・チャンさんの視点・論点を取り上げた際には”ジャジャウィード”にしてしまった(いや、そう聞こえたので)。後で修正しておきます。

Continue reading “スーダン・ダルフール危機情報ソース”

「イミダス」と「現代用語の基礎知識」と「知恵蔵」

「イミダス」と「現代用語の基礎知識」と「知恵蔵」。
 
何というジャンルか知りませんが、毎年この時期になるとこれらの本の中から何も考えずに「知恵蔵」を購入しておりました。今年は少し選んでみようと思って、本屋で立ち読みしてきました。
 
まず「イミダス」は某執筆者の議論に疑問を感じるので却下。
残るは「現代用語の基礎知識」と「知恵蔵」です。
 
「現代用語の基礎知識」はコンパクトサイズになりました。非常に持ちやすくてよいです。
 

現代用語の基礎知識 2005

 
「知恵蔵」は大きくて持ちづらいのが難でした。2005年版の「現代用語の基礎知識」くらいの大きさがベストです。内容も非常によかったです。スーダンのダルフール危機の解説などは「知恵蔵」より詳しいものでした。
 
しかし、「現代用語の基礎知識」は地図が少ないのです。
国際関係のニュースを見るときには地図が欠かせません。地図がないとイメージしづらいです。一方、「知恵蔵」は地図が豊富です。しかも付録に地図帳が付いてくるのです。この点でやはり今年も「知恵蔵」を購入することになりました。
 

知恵蔵 2005

 
ちなみに、しっかりした手帳まで付いてきます。
今年は結構手帳が流行っているように見受けられます。手帳の活用を薦める本がいくつか出ていますね。私はCLIEを使っているので不要なのですが。誰かにあげようかな。

Continue reading “「イミダス」と「現代用語の基礎知識」と「知恵蔵」”

CLIE NX73Vのハードリセット

某ソフトをインストールしたら、CLIE NX73Vがエラー!
ソフトリセット繰り返すもエラー出て止まってしまうので、ハードリセットを余儀なくされました。あー、こんな時間に。
 
今なんとか復旧完了。
スケジュールはもとより、技術情報を書きためにためているので、CLIEが使えないとなるとお仕事できないのであります。焦りました(^^;;

Continue reading “CLIE NX73Vのハードリセット”

”戦後”のファルージャ

アルジャジーラ(Aljazeera.Net)に「ファルージャにおける集団墓地の女性と子供」というタイトルの記事が出ています。
 
ナパーム弾によって黒こげにされ、誰が誰だかわからないままに集団墓地に埋葬された73人の女性と子供がいるとの話が取り上げられています。米軍発表ではナパーム弾の使用はないので、この話を確認する手だてはないようなのですが、死因は未だ不明瞭であるとのこと。
 
その他にも危険なファルージャの様子がレポートされていますが、その点については、「Falluja, April 2004 – the book」にファルージャに残ったイラク人ジャーナリストのレポートが出ていますので、下記に紹介します。
 
ファルージャ:戦争は終わったが平和はこない

Continue reading “”戦後”のファルージャ”