詩人・宗左近展―わたしの罪と罰―

市川市文学ミュージアムで開催されている『詩人・宗左近展―わたしの罪と罰―』に行ってきました。
 
東京大空襲で母親を亡くし、それを自らの罪として捉え、詩に昇華させた宗左近の展示会であります。
展示の規模は小さいのですが、300円という安価な入場料で、自筆原稿など色々と鑑賞することができました。
 
お近くの人は是非。

Continue reading “詩人・宗左近展―わたしの罪と罰―”